Column
「食」を切り口に
ヒト、モノ、コト様々な情報を
お届けします。

2020.11.05
おセンチ社長の奮闘記

『改めて決意表明』

ようやく明日、本店が営業再開します!!
11月6日(金)17時〜24時

今後は月〜金曜の17時〜24時(土日祝休み)で営業してまいります。年内の木曜と金曜はボクがカウンターの中で焼いたり注いだり接客させて頂きます。

ここから決意表明。

まず、トレジオンの現状をお伝えすると会社全体では赤字を垂れ流し続けています。借入れは8000万円ほどして既に4000万円以上が赤字で消えてしまいました。さらには設備投資などもしておりますのでさらに1000万円。この7ヶ月間で5000万円ほどが無くなりました。他店舗展開している会社のほとんどが赤字の大きい店舗から閉めてとにかく縮小して赤字を減らす。そして社会情勢が落ち着いたタイミングでまた出店したり別事業をしたりと、とにかく今は身を小さくして耐えるのが正攻法です。(あくまでボクがしないだけであって全ての会社さんの決断を尊重しています)

ではトレジオンはなぜそうしないのか?

この7ヶ月間、本当に毛が抜けるほど(リアルに)悩んで悩んで悩みまくりました。でも開業してからのことをじっくり考えたら、ボクは今まで『儲かるか、儲からないか』の基準で経営判断をしてきたことはありませんでした。ボクがやるべきことを、今はトレジオンがやるべきことを、東北の力になることをその時その時で考え実行してきました。どの店舗を出すときも大体賛成はしてもらえないし、ボクが堅実にビジネスライクに経営してきたら今のトレジオンは絶対ありません。想いで先走ってから結果を追いつけるのが吉田スタイルです。今は周りの皆さんには東京の店を閉めた方がいい、弁護士からは破産の準備をした方がいい、銀行からは東京の店舗を閉めなければ追加融資はしないなどなど、、堅実な意見をたくさんもらいました。弱気の虫がボクに言います。『コロナだからしょうがないよ』って。

でも振り返ってみると、今まで堅実にやってきたことあったか?今のトレジオンがあるのはなんでだ?って考えたらこんなところで終わるわけにはいかないと。もうすぐ震災から10年経って区切りをつけてる場合じゃないし、むしろこれからだし、『東北の看板』掲げてる以上は今おろしてる場合じゃない。逆境大歓迎。燃えてます。

これからもっともっとトレジオンが『東北の力』になれるってボクが一番信じています。トレジオンのこれまでもこれからもボクが一番信じています。だからトレジオンはこれからも爆進します。

こんな時だけど、岩手でまた新しくお店も出します。こんなところで止まってられね。やるべきことをやるだけだ。

『東北の魅力を広く多くの方に伝え、ファンになっていただく』

『東北を日本で一番魅力的な地域にする』

トレジオンのビジョンであり、ボクがしなきゃならない東北への恩返しです。今は口から出まかせかもしれないけど、現実に変えていきます。

皆さんにお願いがあります。

いくら僕らがやってやるっていっても、お客様にお越し頂けないことには成り立たないのが飲食店です。なので是非ともお店にお越しください。色々追っつかないけど精一杯営業します!!

東北の為に、全力で力を貸してください!!

トレジオンの可能性を一緒に信じてください!!!

何卒、よろしくお願い致します!!!!!!

(お越しになれない方はネットショップもございますのでそちらからよろしくお願い致します)

代表取締役  吉田慶

——————————————————
「東北バル トレジオン (本店)」
住所:東京都港区赤坂3-21-4 サンライトビル1F
営業日:月〜金曜 17:00~24:00
定休日:土・日・祝日
Tel : 03-6277-8839
web予約:https://loco.yahoo.co.jp/place/g-z84WjvEgnqE/
mail:tregionbal@gmail.com
HP:https://tregion-bal.com/honten/
ネットショップ:https://tregion.thebase.in/

Twitter
Facabook
Instagram

ご予約

お問い合わせ
TOP

オンラインショップ

ご予約を閉じる

東北バル トレジオン <本店>

予約する

東北Cafe & Dining トレジオンポート <大型店>

予約する

東北カフェ & バル トレジオン <エスパル仙台店>

予約する

東北カフェ & バル トレジオン <盛岡店>

予約する