Column
「食」を切り口に
ヒト、モノ、コト様々な情報を
お届けします。

2020.09.20
イベントレポート

【イベントレポート:「米焼酎」がつなぐ、熊本と福島】

9/12(土)に開催した「〈酒蔵応援〉熊本の球磨焼酎&福島の米焼酎ねっかで乾杯!」
熊本、福島、全国各地から関係者含め22名が集い、とても賑やかな夜になりました。
ゲストは、熊本から大石酒造場の大石和教さん、69spirits(球磨焼酎専門のBAR)のホシハラカツヤさん。
福島からは、立ち上げ時に大石酒造場とのご縁があった合同会社ねっかの脇坂 斉弘さん。
事前にお届けした「球磨焼酎2種&米焼酎ねっか 飲み比べセット」と熊本の名産「とうふの味噌漬ミニ」を皆で味わいながら、焼酎のこと、美味しい呑み方、被災酒蔵の状況などを伺いました。つくり手と一緒に同じものを同じ空間で味わう。やはり何にも代え難い、貴重な時間でした。


そして、トレジオンや東北ともご縁の深い、球磨村出身の高崎美智子さんからの現地レポートも!高崎さんがいらっしゃる神瀬地区は、東日本大震災時の三陸の津波の被害と状況がとても似ているそうです…。
7月の熊本豪雨からまだまだ2ヶ月半。これからも現地の様子を見守り続けたいと思います。
https://xn--kumanichi-y73h.com/news/1590080/

◯合資会社 大石酒造場(熊本県水上村)
https://ohishi-shuzohjyo.jp/
◯69spirits(球磨焼酎専門のBAR・熊本市内)
http://69spirits.com/
◯合同会社ねっか(福島県只見町)
https://nekka.jp/

今年7月の豪雨で球磨焼酎の酒蔵に大きな被害があったことを知り、何かのかたちで大好きな熊本の、球磨焼酎の力になりたい。
コロナ禍で現地へ行きたくても行けない人の想いを繋ぎ、届けたい。そんな願いから企画した今回のチャリティイベント。
今回のイベントで球磨焼酎を初めて飲んだという参加者の方も多く、熊本の方からも「球磨焼酎の地元民として勉強になりました。」「飲み方などまだまだ知らないことがたくさんありました。」などの感想をいただきとても嬉しく思っています。
「福島、熊本に行ってみたくなった」「九州と東北のつながりを感じることができた」などのメッセージも!
今回は参加費の一部を寄付にさせていただき、義援金というかたちで被災酒蔵へ応援の気持ちを届けることができました。
賛同してくださった参加者の皆さま、この場をお借りして、あらためて御礼申し上げます。

オンラインでも、オフラインでも。人が出会い、つながる。つながり直し、また紡いでいく。
これからも、人と人、地域と地域を、どんどん繋いでいきます!
ご参加いただいた皆さま、心を寄せて応援くださった皆さま、本当にありがとうございました。
またオンラインで、そしてトレジオン各店でお会いしましょう。

Twitter
Facabook
Instagram

ご予約

お問い合わせ
TOP

オンラインショップ

ご予約を閉じる

東北バル トレジオン <本店>

予約する

東北Cafe & Dining トレジオンポート <大型店>

予約する

東北カフェ & バル トレジオン <エスパル仙台店>

予約する

東北カフェ & バル トレジオン <盛岡店>

予約する